2015.12/13.名古屋  (ウインクあいち(1009号室))

テーマ:発表会


【発表会風景】

【交流会風景】

2015.11/08.名古屋  (ウインクあいち(1309号室)

テーマ:TAKAHIROレクチャー


【レクチャー風景】

【プチコン風景】

【交流会風景】

2015.10/11.名古屋  ウインクあいち(904号室)

テーマ::Ryu-kaレクチャー

クロースアップ演技のプレゼンテーション、コンテスト手順の作り方ノウハウ、マジック以外でも使えるパーソナリティーの引き立て方など、マジックをより良く見せるためのノウハウを惜しみなくレクチャーして頂きました。

 

【​レクチャー風景】

【プチコン風景】

2015.08/09.名古屋(福井)  AOSSA(601C号室)

テーマ:交流会 in 福井

福井で活躍中のマジシャン、岡田 透さんが当マジックサークルJCMAの理事に今年から就任された事もあり、記念すべく名古屋以外での地域交流会の第一弾として、今回は福井で開催させて頂く事となりました。
福井・名古屋それぞれのマジシャンによるマジック披露タイムです。

 

【​交流会風景】

左から ・八幡雄一郎さん ・小島貞昭さん ・伊熊飛勇さん ・辰巳伸次さん

左から ・田畑堅盛さん ・福井奇術同好会 会長:清水治夫さん ・伊藤正敏さん ・後藤義人さん

左から ・こめごさん ・坂野上いさむさん ・組本博司さん ・碓氷貴光さん

左から ・岡田 透さん ・集合写真


お忙しい中、お集まり頂きました福井の皆様、本当にありがとうございました。
これからも宜しくお願い致します。

2015.07/26.東京  池袋サンシャインシティー ワールドインポートマート5F(room 6)

テーマ:TMS(Teen Magicians Stage)

 

【​パフォーマンス風景】

左から ・HIDE笹川さん ・前田将太さん ・ユウリさん

HIDE笹川さん,もーくんさん,前田将太さん,J. MENTAさん(映像出演),ユウリ,AZUSAさんの6名の10代の若者が、企画・構成・運営を含め全てを、自分たちの力で行いました。
JCMAとしてはそれこそ「丸投げ」状態で、どのようなショーになるのか、フタを開けてみるまでわかりませんでしたが、なんかエネルギーが伝わってくるような楽しいショーに仕上がっていました。

左から ・もーくんさん ・AZUSAさん ・TMSメンバー

もちろん、個々の技量はまだまだこれから伸ばしていかなければなりませんし、みんなで作り上げるショーのクオリティもどんどん高めていかなければなりません。
ただ褒められるだけでなく、多くの方々からキビシイコメントも戴いて、これからも前を向いて真剣に取り組んでいかなければいけません。
でも「始めの一歩」としてはよくまとまったショーだったと思います。
準備段階から打ち上げまで、みんなで力を合わせて頑張っている姿は、本当に輝いてるな~って思いました。
ご来場下さった全ての皆様に心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。

【​6名の若手がプチコンに参加】

左から ・ショウタさん ・圭さん ・俊さん

プチコンは今、練習している「1ネタ」を発表するというもの。
審査員は、毎回参加者のなかから1名が選ばれます。
上手・下手は関係なく、審査員の「心を最も動かした」人に送られます。
マジック関係なく、「かっこよかった」、「ギャグがおもしろかった」・・・なんでもオッケーです。
せっかくマジックをやってるんですから、こういった機会に、みんなの前で演じてみると楽しいと思いますよ。

左から ・銭さん ・風我さん ・RYOTAさん

今回のプチコンの審査員は、JCMA会員の渕脇洋介さんにお願いしました。
渕脇さんご夫妻とはFISM2015では、イタリア・リミニで同じホテルに滞在しました。
優勝は上海出身、現在は東京在住の中学1年生、銭くんでした。
受賞理由:「いきなり指名されて、多くのプロの方がいらっしゃる中で、(クロースアップの会なのに)あそこまで(のカードマニピュレーションを)演じる度胸に、ご褒美と考えました。」
賞品はフランツ・ハラレーがマカオにオープンするマジック・シアターに入るための「カギ」です。
また、戸崎拓也理事からは、8月29日に開催されるマジックマーケット2015のチケットも贈呈されました。

優勝は上海出身、現在は東京在住の中学1年生、銭くんでした。


受賞理由:「いきなり指名されて、多くのプロの方がいらっしゃる中で、(クロースアップの会なのに)あそこまで(のカードマニピュレーションを)演じる度胸に、ご褒美と考えました。」
賞品はフランツ・ハラレーがマカオにオープンするマジック・シアターに入るための「カギ」です。


また、戸崎拓也理事からは、8月29日に開催されるマジックマーケット2015のチケットも贈呈されました。

2015.07/19.名古屋  名駅タキビル(第二会議室)

テーマ:300円プチコン

 

【​プチコン風景】

上段左から ・組本博司さん ・堀尾幸司さん 樋口 僚さん ・鈴木雅洋さん

下段左から ・伊藤龍馬さん ・今回の優勝者は、当会理事でもある組本博司さん

メインイベント「300円プチコン」の前に今月から名古屋でも実施の「プチコン」です。
自由に参加し、自由に審査員が選ばれます。

上段左から ・伊藤功久さん ・KitCutさん ・堀尾幸司さん ・小澤博史さん

下段左から ・伊熊飛勇さん ・優勝者は、小澤博史さん

100円ショップで300円(税込324円)以内の物を購入し、マジックを演じて頂きます。
その日の中で一番良かったとされる演技(演者)には、なんとレクチャー料1万円を差し上げます!

2015.06/21.東京

テーマ:村本尚洋レクチャー

 

【​レクチャー風景】

村本尚洋さんにはずいぶん前からお会いしていて、もっさんらを含む若手の優秀なマジシャンたちを「NAGOYA KID's」と名付けてして、以前よりご紹介していたところです。

前回のチャレンジャーズライブ・セントラルリーグに出場されて、久しぶりに演技を見ましたら、とても素晴らしかった。
それで二次会で、目の前で見せてもらったところ、もっと素晴らしかった。
それで、東京にお呼びすることにしました。

碓氷貴光副会長が司会進行をして下さり、時間配分を工夫しながらスムーズなレクチャー&ショーをすることが出来ました。
参加者が見逃しやすい点について注意喚起を行うなど、司会者としても素晴らしかったです。

難しいテクニックだけでなく、1つの手順を構築する上で、色々考えているのだということがよくわかり、全てのレベルの参加者にとって有意義ではなかったかと思います。

JCMAではこれからも若き才能を発掘していきたいと思っています。
是非皆さん、JCMAのマジックサークルにご参加下さい。

(撮影=NOBU)

今回から新調した新しいクロースアップ・テーブルが使われました。

ともかく不可能性の高い、テクニック満載のカード・マジックの実演と解説でしたので、参加された方々には満足して頂けたのではないかと思います。

遠くから参加される若者もいて、たまたまお越しになっていた魔耶一星さんとツーショットで写真を撮る方がもいて、とてもよい雰囲気でした。

上段左から ・夢丸さん ・富永 圭さん ・磯部良多さん ・吉田憲司さん

二段左から ・森本達也さん ・小高 正さん ・藤田優介さん ・サイケンさん

三段左から ・内田広明さん ・山田 基さん ・穴山千明さん ・高塚成彦さん

下段左から ・辰巳伸次さん ・ケイトさん ・ユウリさん

マジックサークルでは、毎回、メイン・イベントの前に、「プチ・コンテスト」というのをやっています。
普段練習しているマジックを、参加者がみなさんの前で演ずるコーナーです。
事前の申し込み不要で、その場で参加することが出来ます。
今回は15名の皆さんが演じて下さいました。
若いみなさんに交じって、ベテランの方々も参加して下さったことはうれしいことです。
今回の審査員は、名古屋からきて下さった、副会長の碓氷貴光さん。
「上手・下手」ではなくて、審査員の心に触れた方に、商品のデックを差し上げることになっています。
こういう気楽な(それでもみなさんの前に立つと緊張してしまいますけれど・・・)チャンスを是非生かして頂いて、日ごろの成果を発揮して頂ければと思います。

プチコン優勝:内田広明さん

初参加・初出場で、私の「無茶ぶり」にも関わらず、自己紹介を兼ねた素敵なマジックを演じて下さったという理由で、審査員の碓氷貴光副会長が、内田広明さんを優勝者に決定されました。
賞品としてフェニックス・デック2個が手渡されました。

内田さん、おめでとうございます!!

2015.06/14.名古屋  ウインクあいち(1210号室)

テーマ:オークション

 

【​オークション風景】

多くの方にたくさんの物を出品して頂きました。
レアな物や探していた物を安く手に入れる事ができ、皆さんご満足の様子でした。。

後半は、JCMA公認パフォーマーの公開審査でした。

今回のチャレンジは、「世界のオザちゃん」こと、小澤博史さん。
めでたく公認されました。

公認パフォーマーのご紹介ページは >>> こちら

交流会の時間に若手マジシャンの樋口 僚くん、ベテランマジシャンの「セリック」こと、山下和敏さんがマジックを披露して下さいました。

2015.06/14.名古屋  中野サンプラザ8F(研修室5)

テーマ:オークション

 

【​オークション風景】

年に1度のオークションということで、興味深い商品が出品されました。


なかなか手に入らない用具や書籍も出品されており、私もDarwin Ortizの『CARDSHARK』など4冊の本を落札しました。
4冊で5,000円くらいだったと思いますので、出品者には申し訳ないくらいにお買い得だったと思います。


オークションは、若い皆さんに、ふだんなかなか手が出せないような書籍・ビデオ・用具を廉価で提供することに一番の意義があると思っています。
同時に、出品者側も面倒な手続きなしに、その場でオークションにかけられて、少額ながらも即現金化できるというメリットがあると思います。
また来年も開催予定ですし、名古屋でも同様にオークションが行われると思います。


文化的意義をご理解の上、今後ともご協力頂けますよう、よろしくお願い致します。

2015.05/10.名古屋  ウインクあいち(1009号室)

テーマ:テーマ研究会(オイル&ウォーター)

 

【​オークション風景】

上段左から ・伊藤功久さん ・辰巳伸次さん ・鈴木雅洋さん ・碓氷貴光さん

中段左から ・小澤博史さん ・村本尚洋さん ・樋口 僚さん ・杉山惣市郎さん

下段左から ・岡田 透 ・後藤義人さん ※JCMA役員は敬称略

11名の方がそれぞれのオイル&ウォーターを演じました。
これだけの人数がいて、全て違う見せ方でした。

碓氷貴光によるオイル&ウォーター勉強会(写真左)

3グループに分かれ、より良い手順を作る為の意見交換会を行いました。

左から ・初心者グループ:宮崎優樹さん ・初心者グループ:井澤敏子さん ・ギミックグループ:組本博司

テクニカルグループからは、樋口 僚さんが演じて下さいました。
また、村本尚洋さんがバリエーション演技を披露して下さいました。

2015.04/19.東京  小林洋介のインビジブルな世界

テーマ:小林洋介のインビジブルな世界

 

【​レクチャー風景】

小林洋介さんのインビジブル・スレッドに関するレクチャーでした。


年度始めの4月ということもあり、マジックサークルに初めて参加するという若い方々の姿もちらほら見え、明るい空気の中で充実したレクチャーが行われました。
実際に会場に足を運んで、ナマでレクチャーを受け、参加者同士でリアルの交流を行うこと。
これは本当に楽しいことですし、そこからたくさんのモノが生まれます。
NPO法人JCMAが主催するマジックサークルは15年以上毎月開催されています。
誰でも自由に参加出来る、「開かれた」場です。
組織に縛られたくない方々にも心地よく感じられる「ゆるい」場です。
そして、ここからたくさんの若手マジシャンが生まれています。

【プチコンテスト結果】

上段左から ・岡田 透さん ・斎藤健太さん ・堅盛さん ・丹野瑞己さん

下段左から ・高塚成彦さん 


今回は時間の関係で6名の出演者。
まずはベテランに会場の空気を暖めてもらいましょうということで、福井からお越し頂いた岡田 透さんに演技をお願いしました。
岡田さんは、次回、6月のJCMA理事会にて、理事就任が予定されています。
福井で「空」というマジックバーをされています。


2番目は、斎藤健太さん。
安定感のある演技でした。3番目は、福井から来て下さった堅盛さん。
たくさんの人の前で演じるのは今回がほぼ初めてとのことでしたが、しっかり演じきることが出来ました。

4番目は菊地啓斗さん。
NOBUが受付で忙しく、演技の写真は残念ながらありませんが、鮮やかなカードの演技で客席を大いに沸かせました。
雰囲気も大分変わって、前に立つだけで、明るくて暖かな空気が伝わってくるようでした。
啓斗さんは今年「旬」のマジシャンになるのではないかと感じ、彼を1位に選びました。
(今回は私が審査員をしました)
商品は、今、品薄状態のNOCデックです。

5番目は、啓斗さんのお友だちのMIZUKIさん。
今、高校3年生とのこと。
若手ながら、演じ慣れているようで、安心して見ていられる演技でした。
マジックサークルには今回が初参加とのこと。
これからが期待出来るマジシャンです。

6番目は高塚成彦さん。
彼はこの春、高校を卒業して、今は大学を目指して受験勉強をしています。
いつ、何をやらせてもうまいです。
今回も、1ネタだけでしたが、とてもよいマジックを演じてくれました。

マジックサークルでは、メイン・イベントの前に、参加者が自由に参加出来る、プチコンを開催しています。
是非、皆さんも、前に出て演技をしてみて下さい。
最初は緊張すると思いますが、よい経験が出来ますし、何度も出続けることで、人前で演じることになれてくると思います。

演じる前に「公認パフォーマーのオーデションもお願いします」と宣言して頂ければ、同時に公認パフォーマーのオーデションも行えます。

パトリック・カンさんが家族4人で東京に遊びに来ている・・・という情報をTakahiro Kamakuraさんから入手したのが、月曜か火曜日のこと・・・

早速、本人にFaceBook経由で連絡を取ってみることとしました。
「ミッション」は、せっかく日曜日にマジックサークルがあるのだから、そこにお呼びすること。
でも、何の面識もないスター級のマジシャンに・・・仕事ではなく遊びに来ているだけの有名マジシャンに・・・デビッド・カッパーフィールドやセロにもアドバイスをするようなすごいマジシャンに・・・そうそう気軽にお誘いをするわけにはいきません。

そこでまあ、日本古来のビジネス流儀を採用して、「接待」ということをやるわけです。
パトリックさんご一行は4名ですから、接待をする側も4名というのがバランスがいい。
そこで私の母親までかり出して4名+4名というスタイルを完成させました・・・でも、ということは8名で飲食をするということになります(汗)。
結構な予算を組んで、まあそこはパァ~ッとやってしまいます。
先週の金曜日のことでした。

パトリックさんとご家族は、もともとタイのバンコックの方で、4年前にお父様の仕事の関係などでアメリカ・ラスベガスに移り住まわれたとのこと。
タイ人独特の暖かさと優しさと笑顔で、私たちはいっぺんに仲良くなってしまいました。
パトリックさんも、本当にマジックサークルに来ている若手マジシャンと全く同じような感じで、食事中も気軽にマジックを演じます・・・というか演じ倒します。

それでも、「では日曜日にレクチャーを!」と言い出すのは気が引けて、「では日曜日に、皆さんとマジックのセッションをしましょう」と切り出しました。
なんとなく、「レクチャー」というよりは「セッション」と言った方が柔らかいですよね。

ま、そんなこんなで、昨日は16:00過ぎから18:40頃まで、2時間以上、たっぷりとマジックのレクチャーをして下さいました。
何でも気さくに教えて下さり、参加者の皆様にもご満足頂けたことと思います。

それにしても、前日にレクチャー実施を正式に決めたのにもかかわらず、たくさんの皆様にご参加頂けました。
パッと集まって下さる皆さんの機動性に大いに感嘆致しました。
これからもどうぞよろしくお願いします。

2015.04/12.名古屋  ウインクあいち(1210号室)

テーマ:丸山真一ショー&レクチャー

 

【​ショー&レクチャー風景】

言わずと知れた「日本最強最速カリスマカーディシャン」丸山真一さんをゲストに迎え、最新技術と演技でショーとレクチャーをして頂きました。
今や誰もが知る存在となった丸山真一さんですが、正式な形での名古屋でのレクチャーは今回が初めてとなります。
マジシャンとして「してはいけない三つの事」や「理論」、「これからプロを目指す若者へのメッセージ」を熱く語って頂きました。
ありがとうございました。

本年度(2015年04月)よりJCMA副会長(兼名古屋支部長)に就任した碓氷貴光よりご挨拶。

また、韓国からお越しのJCMAコリアのキム・キジュン(JCMA参与)からも、ご挨拶をさせて頂きました。

2015.01/25.東京  東京・有明・TFTビル9F(902)

テーマ:マジカル・アーツ・フォーラム2015

 

【​フォーラム風景】

上段左1枚目写真 左上から ・前田真孝(トリット)さん ・ヒロ・サカイさん ・村山 淳さん

上段左1枚目写真 左下から ・友友さん ・ 藤山新太郎さん ・田代 茂さん

上段左から3枚目 ・綿田敏孝さん

マジカルアーツフォーラム、参加下さった皆様、ありがとうございました。
また6名のパネラーの皆様方、本当にどうもありがとうございました。
マジックを文化・芸術として捉える第一部、マジックをビジネスと捉える第二部、それぞれのお立場から貴重なご発言を頂きました。
客席の皆さんも真摯な姿勢でこれに耳を傾けられ、有意義な一時となりました。
JCMAはこの1年も、意味のある活動を行っていきたいと思います。
皆様の一層のご支援をよろしくお願いします。

客席には若い方々の姿が目立ちました。
質問に立ったのは新潟からわざわざ来てくれた19歳のHIDE笹川さん。
今後、自分たちはどのような活動をすべきか?という質問でした。
「来年、再来年のことを考えるのではなく、十年後に自分たちがどのようになりたいかということを考えた方がいい、そうすれば来年、再来年に自分たちが何をすべきかが、自ずと見えてくる」というご意見が印象的でした。

マジカルアーツフォーラムは決して堅苦しいものではありません。
楽しいトークが中心で、ときどきまさかの爆弾発言が飛び出したりもします。
毎年1月のマジックサークルで開催されます。
遠方からでもおいでになる価値は十分にあると思いますよ~

2015.01/11.名古屋  ウインクあいち(1307号室)

テーマ:学生マジックライブ

 

【​フォーラム風景】

今年大学を卒業する学生の中からJCMAセントラルが選抜した3名に記念となるマジックショーを行って頂く予定でしたが、インフルエンザ等の関係で企画変更となり、有志数名によるマジックショーとなりました。